本文へ移動

臼杵市市民後見センター

TOPICS NEW|最新の情報はこちら

第2回臼杵市市民後見センター「権利擁護研修会」を開催しました

 2月18日(火)第2回臼杵市市民後見センター「権利擁護研修会」が臼杵市社会福祉センターで開催されました。
 市内の介護支援専門員や社会福祉士等に多数参加していただきました。
 
1.「ひきこもり・8050問題」
   臼杵市市民後見センター所長 田中利武
2.「生活困窮者への相談対応事例
   ~8050問題を抱えたケースから~」
   相談員・就労支援員 大石奈央子
 
 参加された皆様、お忙しい中ありがとうございました。今後も皆様と連携を取り、関わっていきたいと考えていますのでよろしくお願いいたします。
 

令和元年度 「第3回 事例検討会」を開催しました。

 
1月28日(火)、臼杵市社会福祉センターで、市民後見人登録者を対象に令和元年度 「第3回 事例検討会」 を開催しました。
 
1.「事例報告」
  支援員 小坂 玲子氏
2.「後見人クイズ」
  臼杵市市民後見センター 所長 田中利武
 
事例報告では、小坂氏が支援していく中で悩みが出てきたことを皆さんと共有し、アドバイスをいただきました。田中所長からの「後見人クイズ」では、後見人としてできることなどの再確認できたようです。お忙しい中ありがとうございました。
 
 

大分合同新聞に掲載されました。

 
臼杵市市民後見センターは県内きらきらきらきらの取組みとなる「中核機関」を設置しました。これまで以上に成年後見制度に対する周知や理解を深めていく活動をしていきます。
 
 
《ご相談・問い合わせ先》
臼杵市市民後見センター
電話0972-62-4488
 
 
 

「権利擁護研修会」の開催のお知らせ

今年度、臼杵市市民後見センター2回目の研修会です。専門職や支援者のより実践に役立つ内容を企画しました。日々の業務もあり、大変お忙しいとは思いますが、是非参加して頂けるようお願い申し上げます。
 
 日時:令和2年218日(火)18:00~19:00
 場所:臼杵市社会福祉センター1階大会議室
 対象:居宅介護支援事業所・相談支援事業所・地域包括支援センター・行政担当者・施設職員等
 内容:「8050問題について連携してできること
 申込用紙:こちら

令和元年度 「第2回 事例検討会」 を開催しました。

11月19日(火)「令和元年度 第2回 事例検討会」を臼杵市福祉センターで開催しました。市民後見人登録者が参加しました。
内容
1.「臼杵市における成年後見制度利用促進の取組みについて」              
   臼杵市役所福祉課 足立卓也氏
2.「臼杵市市民後見センターにおける在宅支援の現状と課題」      
   臼杵市市民後見センター 原 聖志
3.「補足説明、講評」
   臼杵市市民後見センター 所長 田中利武
 
 
 
 
 

令和元年度「臼杵市市民後見フォーラム」を開催しました。

令和元年10月5日(土)「令和元年度 臼杵市市民後見フォーラム」を臼杵市民会館で開催しました。
【講演】
  「認知症と成年後見制度」
   講師 ノンフィクションライター 中澤まゆみ氏
【活動報告】
  『市民後見人活動報告』
   臼杵市市民後見センター・市民後見人(支援員)
   活動報告①
  「支援員からその人らしさを考えれる市民後見人へ
    ~Sさんに対する思い~」 石井和弘氏
   活動報告②
  「本人が望む在宅生活の継続へ
    ~支援員としてできること~」松井真理子氏
  『DVD放映』 
   大阪市市民後見人活動啓発DVD
   「ともに支える
     ~わたしが変わる、地域が変わる~」
  『臼杵市役所・福祉課』
   「臼杵市における成年後見制度利用促進の取組み
      福祉課長 小野加寿男氏
 
たくさんのご参加ありがとうございました。

令和元年度 「臼杵市市民後見フォーラム」を開催します。

「令和元年度 臼杵市市民後見フォーラム」を臼杵市民会館で開催します。
多くの市民や関係機関の方々の参加をお待ちしています。
 

令和元年 第1回 「フォローアップ研修」を開催しました。

8月9日(金)「令和元年度 第1回 フォローアップ研修」を臼杵市役所で開催しました。市民後見人登録者と行政や市町村社協職員が参加しました。
 
研修 「長野市社会福祉協議会での法人後見における権利擁護と市民後見人に求められる支援」
    講師 長野市社会福祉協議会 地域福祉課
       長野市成年後見センター 野口 一輝 氏

令和元年 第1回 「事例検討会」を開催しました。

 7月2日(火)「令和元年度 第1回 事例検討会」を臼杵市社会福祉センターで開催しました。市民後見人登録者が参加しました。
内容
1.「臼杵市市民後見センターにおける市民後見人の実務と今後の展望」
   臼杵市市民後見センター 原 聖志
2.「高齢期の収入と支出」
   臼杵市市民後見センター 所長 田中 利武

研修会を開催しました。

 6月25日(火)「臼杵市市民後見センター研修会」が臼杵市社会福祉センターで研修会が開催されました。市内の介護支援専門員や社会福祉士等が多数参加されました。
 臼杵市市民後見センターの田中所長より、「アドバンス・ケア・プランニングと権利擁護支援~キーパーソンがいないときケアマネージャー、ソーシャルワーカーはどう動くか?」のテーマで講演がありました。
 今後もこのような研修会を開催したいと思いますので、ご参加よろしくお願いします。

研修会の案内

 
今年度、臼杵市市民後見センターとして、専門職や支援者の業務の糧になる研修会を行いたいと思い企画致しました。
日々の業務もあり、大変お忙しいとは思いますが、是非参加して頂けるようお願い申し上げます。
 
    日時: 令和元年625日(火)18:00~19:00
    場所: 臼杵市社会福祉センター1階大会議室(臼杵市社会福祉協議会)
    対象: 居宅介護支援事業所・相談支援事業所・地域包括支援センター
        行政担当者・施設職員等

    内容: 「知っておきたい成年後見制度の基礎知識 
 ~身寄りがない方の支援を中心に~
         講師 臼杵市市民後見センター所長 弁護士・社会福祉士
            田中 利武
 
     申込:申込用紙

平成30年度市民後見人養成講座(6期生)が開講されました。

平成30年度市民後見人養成講座(6期生)が開講されました。6月10日(日)の初日の午前は、臼杵市市民後見センター所長・弁護士・社会福祉士の田中利武氏より「成年後見制度の基本的理解」・「法的後見制度の仕組み」午後からは、NPO法人権利擁護支援ふくおかネット理事、森高清一氏より「市民後見概論①・②」の講義をして頂きました。

臼杵市市民後見センター

臼杵市社会福祉協議会の中に”臼杵市市民後見センター”が設立されました。 高齢者で認知症や障がいがあってお金の管理等の判断ができなくなった時に大切な財産の管理や、医療や介護のサービスを受けられるようにしたりする「成年後見制度」があります。 然し、後見人になれる親族がいない場合、弁護士、司法書士、社会福祉士といった専門の方にお願いするしかなく十分に利用されていませんでした。 そこで、社会福祉協議会は平成26年4月1日から”臼杵市市民後見センター”を設置し法人として後見人の役割を果たして いけるようになりました。 研修を受けて、十分な知識を得た支援員(市民後見人)が後見が必要な方の暮らしを支えていきます。 判断が出来なくなってお金の管理等に困っていたり、身の回りにそのような問題を抱えている方がいる場合は、まずは「気軽に」臼杵市市民後見センターにご相談ください。

事業計画

令和2年1月からの事業内容
1 法人後見事業
 (1)成年後見人、保佐人、補助人及び監督人(以下「成年後見人等」という。)の受任
 (2)法人後見支援員等の養成及び、その名簿作成
2 地域連携ネットワークの中核となる事業
 (1)市民後見人の育成・推薦
 (2)成年後見制度の普及・啓発
 (3)成年後見人等の受任者調整、裁判所への推薦
 (4)成年後見人等を受任する者に対する相談、支援
(5)成年後見制度を利用する被後見人等及び、その家族からの同制度利用にともなう相談
3 日常生活自立支援事業
 (1)権利擁護サービスの提供
4 その他、後見センターの円滑な運営のために必要な事業

組織形態

◆社会福祉協議会臼杵事務所の中に臼杵市市民後見センターとして設立されました。
※構成は下記のようになっています。

  ●センター所長 1名 (非常勤 弁護士)
  ●主任専門員  1名 
  ●専門員      1名 
  ●非常勤職員  3名 

業務の流れ

●まずは、臼杵市の権利擁護支援(臼杵市市民後見センター)の総合相談窓口においでください。
※下記の手順で進みます。
★面談・状況聞き取り・説明・情報提供が行われます。(内容に応じて、訪問・アセスメント・ニーズ把握・本人の意思・状況確認が行われます)
★対象の区分けがなされます。
(1)他機関対象
(2)他の社協事業対象
(3)任意後見対象~判断能力のある人が将来判断能力が低下した時に自分で選んだ人との間で公正証書によって契約を結んでおき能力が低下した段階で正式に事務を開始する制度。
(4)法定後見対象~すでに判断能力が一定以上低下している人の権利を守るため、四親等以内の親族、配偶者、市長等の申し立てに基づいて、家庭裁判所が 審判を行い、誰を保護者にするか、保護者に付与する権限の内容等を決定する。
★(1)(2)(3)については他の機関等への連絡・紹介となります。
★(4)については支援等を行います。(申立に関する相談対応、後見活動へのフォローアップ等)

ご気軽にご相談ください。

★臼杵市市民後見センターは判断能力が十分でない人が住み慣れた地域で安心して暮らす事が出来るように「成年後見制度」の利用をお手伝いします。
★「成年後見制度」は自分らしく安心して暮らす事ができるよう、その人の権利を擁護するための制度です。
本人の判断能力の程度に応じて補助→保佐→後見の3段階にわけられます。
補助:事理を弁識する能力が不十分な人
保佐:事理を弁識する能力が著しく不十分な人
後見:事理を弁識する能力を欠く人
★成年後見制度を必要とする人が、的確に制度を利用できるよう手続きの説明や申し立てに関するアドバイス等を行います。
★相談内容に応じて、弁護士、司法書士、消費生活支援センターや生活困窮者支援員等のご紹介をします。(必要時同行します)
★申し立てが必要な場合は必要にあわせて支援します。

その他

 

《問合せ先》
社会福祉法人 臼杵市社会福祉協議会
臼杵市市民後見センター 
直通電話 0972-62-4488


ご参考

《H26年度臼杵市市民後見人養成講座》
 H26.6.29H26.7.12H26.7.20H26.7.21権利擁護支援フォーラム
 H26.8.5H26.8.17H26.8.26H26.9.9H26.9.27H26.10.5

《H27年度臼杵市市民後見センター行事一覧》
 H26.10.24~H28.3.17
《H28年度臼杵市市民後見センター行事一覧》
 H28.5.22~H29.1.31
《H29年度臼杵市市民後見センター行事一覧》
 
0
9
7
8
8
3
TOPへ戻る